読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイフ・クリスティアンソンが期間限定並みの「納得」価格 |

評判
以前までは、注文してから届くまで(1〜2日で発送と書いてあっても)日数が掛かっていたのですが、先月からとても迅速で助かります♪現在の注文状況が分かる様になって尚更助かります^^ポイント消化の為と他サイトから楽天に飛べばポイントが付く事・楽天ポイントも付くため・楽天のプラチナ会員になるために、こちらで購入しました^^絵本ですが内容は大人向きかも。大人も子供もドキッとする言葉が必ずあると思います。以前から欲しかった絵本です。

こ、これですっ♪

2017年02月22日 ランキング上位商品↑

レイフ・クリスティアンソンわたしのせいじゃない [ レイフ・クリスティアンソン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

そして、誰もが責任逃れをしようとしますが、それではほんとうに「わたしのせいじゃない」のか?この本の終りに問いかけているのですが‥最後の写真は飛躍しすぎていて、ちょっと説明が必要でした。。絵本にある文章はそれだけなのですが、それがいじめになり差別になり戦争になるのだと思い知らされます。傍観者の気持ちが!大人がドキッとしてしまうないようです。きっとこども時代にこんなことがあった人も多かったのでは?ぜひ、子どもに読み聞かせたい1冊です。誰一人部外者はいない。まだ2年生なので、一緒に対話形式で読んでみたりしています。軽い気持ちではじめ、責任を転嫁する様子が短い言葉だけで書かれています。(誕生日当日に届いて嬉しいです)この本を読んで少しでも義母の気持ちが落ち着いて行く方向に向かってくれれば・・・と思っています。いじめ問題が話題になっているときに見つけ、子供のためにと購入しました。いろんなことに喩えて考えさせられる本です。この本は、いじめを考えさせられる本です。大切なことが、さりげなく、でもしっかりと書かれています。学校の同和教育で使わせてもらいました。いじめにあった子供の目線ではなく、いじめに荷担した子供の目線で書かれた本です。子供たちに読み聞かせをしたら!いろいろと考えて話をしてくれました。にひるな感じですが、こどもがもう少し大きくなったら良く読み聞かせたいです。いじめた・いじめを見て見ないフリをした子供たちのいろいろな意見(言い訳・理由づけ)は!大人にもあらゆる物事のモラルハザードや無関心について鋭く突き刺さります。シンプルな絵本です。難しい挑戦になりそうです。そして、読んだ後、必ず話し合ってみます。いじめられている子がいる。プレゼントなどに良いと思いました。この本を時々一人で見つめていた息子は!その後!お友達がいじわるされていると!相手が上級生でも「やめよう」という勇気を持つようになりました。規模の小さい小学校ですが!やはりいじめ問題はあり!子供自身にいじめについて真剣に考えさせるためにと!購入しました。訳者にも由来するかもしれませんが、主に私の技量では、率直に「言葉が足りなすぎる」。誰もが「これこれこういう理由だから、わたしの、ぼくの、せいじゃない」と口々に言う。金曜日の夕方注文をしてたったいま(日曜の朝一)届きました。癌で(結果的には全身転移)先月5ヶ月の闘病の末、義父を亡くした義母が落ち込んでいることと、こちらの本が良いと雑誌に書いて有ったので、今日は義母の誕生日という事もあり注文しました。子供の為に書かれた本なのでしょうけれど、大人には身につまされる内容だと思いました。でも!こういう問題が起こるようになったら是非読ませて考えさせたい絵本だなって思います。でも何かを感じるようで「この絵本怖いからイヤ」って言っていました。『わたしのいもうと』と合わせて読むと!個々人の『せきにん』の重さというものをより深く感じることができると思います。集団いじめをする側の言い訳の数々が羅列してあります。(今は3才)シンプルなのに胸に突き刺さる印象深い本です。とても考えさせられる内容です。良い本です。賛否両論あるとは思いますが!私はこういった本も必要かなと思います。学校でも、取り入れて欲しい1冊だと思います。小学生ぐらいに読ませたい絵本かなー。「私のいもうと」とセットで読み聞かせます。★が4つなのは、本の中にある言葉のない写真が必要なのか疑問に思ったからです。2歳11ヵ月の息子にと購入しましたが!うちの子にはまだまだ早かったです。巻末の写真から「本当に伝えたかったこと」を理解するためには!日本の小学生ではいささか想像力や理念!社会の仕組みなどに疎すぎるかもしれません。クラスでちょっと嫌われているお友達がいて!その子とは保育園のときから気が合わなかった息子に。この本を読んで「みんなと違う」ことが本当にいけないことなのか!「みんなもやっていること」が!本当に正しい常識なのか!きちんと判断のできる子供に育ってほしいです。子供が大きくなったらおいおい読ませていこうと思います。